レビトラとは処方クリニックで受けることは可能か

ジェネリックではないので、処方しているクリニックは少なくない

ジェネリックではないので、処方しているクリニックは少なくない / 世界的に実績が認められている薬ですが、一部の人は服用できない / 少しでも胃に何かを入れて服用するのが賢明

レビトラは男性特有の勃起不全治療薬、ED治療薬でも知られるバイアグラに続く薬です。
いわゆるジェネリックではなくれっきとしたオリジナルなので、扱っていたり処方しているクリニックは少なくないです。
薬の特徴としては、ドイツのバイエル薬品が開発したもので、即効性と効果の持続に食事の影響の受けにくさが挙げられます。
即効性は一般的に服用後30分ほどで効果があらわれるとされており、急な性行為でも自信が持てるのが魅力です。
また服用から5〜8時間ほど効果が持続するので、行為の途中に効果が切れてしまう恐れや心配がないです。
極めつけは食事の影響を受けにくいことで、全く受けなくなるわけではありませんが、それでも食事を控えずに済むのは確かです。
注意を要するのは脂っこい食事や過度の飲酒で、これらに気をつければ十分に効果が期待できます。
具体的な服用のタイミングや服用方法、注意点などについては、処方クリニックで説明を受けるのが良いでしょう。
レビトラを扱っているかどうかは、ED治療薬を扱う処方クリニックに要確認ですが、男性特有の疾患を扱う泌尿器科で相談すれば処方の可否が分かります。
レビトラは5mg錠と10mg錠、20mg錠の3種類が標準で、服用量はその人によって異なります。
基本的には1日1回の服用で、一度服用したら次の服用までに24時間開けることが必要です。
薬は服用から30分くらいで効き始めますが、個人差があるので性行為の1時間前の服用が推奨されます。

オンライン薬局、未承認薬処方クリニックに注意

近頃、首都圏の主要駅近くに複数院展開している「某男性専門クリニック」が厚労省”未認可”の海外製ED治療薬を処方している

 #バイアグラ  #レビトラ  #シアリス  #シルデナフィル  #未承認薬  #ジェネリック https://t.co/gaa9gggvKB

— 新宿ウエストクリニック 渋谷ウエストクリニック (@shibuyaEDAGA) December 17, 2019

レビトラ 処方クリニック : オンライン処方(郵送処方)|ED・AGA薬【浜松町第一クリニック】