HOME撮影ツアー撮影ツアーについてよくある質問

撮影ツアー

※以下の質問に対する回答は、すべてのツアーに該当するものがほとんどですが、代理店(日本発)からのツアーに関するお問い合わせは、該当する旅行会社様に直接お問い合わせください。

Q. 服装はどうしたら良いでしょうか。

これは訪問する場所と季節により大きく異なります。6月から8月半ばのアンカレッジであれば、日本の春先の格好に1枚上着があれば問題ないでしょう。8月下旬から9月にかけては、コートが必要になることもあります。冬は、昼夜かかわらず、できるだけ暖かい格好をしてください。(冬屋外で活動するには、上5枚に下はタイツを履いて2枚は必要です。)

いずれにしましても、夏はデナリ国立公園で昼夜の気温差が20度になることもあり、冬は屋内外とで気温差が50度近くになり、夏も冬もアラスカでは衣服の調節を頻繁に行うのが良いです。手間ではありますが、体調管理として行うようにしてください。

そのほか、ご不明な点はお問い合わせください。

Q. バッテリーの充電は、旅行中可能でしょうか。

アラスカのご宿泊場所すべてで可能です。しかし、移動中や撮影に出た時にはできませんので、予備バッテリーを最低2本お持ちいただくことをお勧めします。

また、最近は変圧器を用いずに充電できるチャージャーが増えています。機種によっては、変圧器を使うと不具合が出るものもありますのでご注意ください。

Q. 飛行機の移動の際、どのように荷造りすれば機材を安全に運べるでしょうか。

まず、機内に持ち込めるのであれば、それが一番安全でしょう。機材を預け荷物にする場合は、Think Tank などの機材専用のバッグをご利用ください。また、預ける際は「Fragile」のタグをバッグにつけ忘れないようにしてください。

Q. 旅先で撮影した写真データを安全に保管しておくにはどうすれば良いでしょうか。

方法は3通りあります。ひとつは、パソコンを持ってきて毎日ホテルに戻った時にバックアップを取るという方法。ひとつは、ポータブルストレージ(HDDなど)を携帯し、撮影直後にカードを差し込み、データを取り込めるようにして保存しておく方法。エプソンビュアーなど、画像の確認もできるものがあります。もうひとつは、CFやSDなどのメモリーカードを多く持参し、毎日違うカードを使うことでリスクを分散できます。

Q. いままで船から撮影したことがありません。何かアドバイスや注意点はありますか?

安定性については、一脚がベストです。風景写真では、速いシャッターを使える状況であれば、手持ち撮影でも問題なくシャープに写せますが、動物は難しいです。一脚は船上であれば、三脚や手持ちより安定しますので御一考ください。無い場合は三脚をお持ちいただき、足を一本だけ使って他はたたむことで一脚と似たように使うことはできます。SIRUI の三脚シリーズは、足を一本外して一脚にできるタイプのものがあり、旅には便利です。

また、各カメラブランドが奨めている、ブレ防止機能はスイッチを入れて撮影してください。

Q. 撮影は自分で車を借りて行くので、撮影ツアーに申し込む必要はないのですが。

まず、アラスカの道路事情や速度の感覚において、慣れている方であれば結構ですが、日本で運転する場合とは違いますので、安全面でツアーに申し込んだ方が良いと言えるでしょう。また、ドライバーを雇うことにより、車中より景色をじっくり確認でき、必要であれば止めて撮影することができます。

そして最大のポイントは、撮影のロケーションです。撮影に精通した者がそこをご案内しますので、動物に会うチャンスやベストタイミングでの風景に遭遇できる機会は大幅に上がるでしょう。有名な撮影場所でも、行ってみると撮影アングルは無数にあります。そのなかでどう撮影したいかにより、最適なアングルを提案できることもあります。

Q. 盗難の心配をしています。機材は旅先でどう注意していれば良いでしょうか。

機材から目を離さないことです。ただ、撮影に集中するときは、そうもいきません。船内やバスの中で盗難があったことは今までにありませんので、それほど神経質になる必要はありませんが、屋外で人のいる場所での撮影では、機材をバッグにしまい、なるべく身につけておくようにしてください。地面に置いて撮影する場合は、ご自身の足元か前方に機材をまとめて置くようにすると良いです。

Q. 気温、湿度など、気候による機材へのダメージは大きいですか。

冬のオーロラの撮影では、フェアバンクスで気温がマイナス40度を下回ることもあります。コンパクトカメラやミラーレス一眼は、まだ寒さに弱いので、30分以上外気にさらさないほうが良いでしょう。マイナス10度程度であれば、1時間ほど出していても大丈夫です。堅牢な一眼レフカメラでは、マイナス30度のなか一晩中使い続けられますが、ダメージを受けていることは否めないでしょう。冷えたカメラを室内や車内に持ち込む際は、袋に入れ密閉して持ち込むようにしてください。

夏の撮影については、ダメージは日本ほど大きくないと言えるでしょう。アラスカは一年を通して乾燥していますので、湿気は問題ないと言えます。ただ、南東アラスカへ7月から10月にかけてご旅行される際は、雨の対策を普段より丁寧にしておくことをお勧めします。基本的には雨天の際に、ビニール製のカメラカバーを使って撮影し、撮影が終わったらすべての機材を乾かし、乾燥剤とともにしまっておくのが良いでしょう。

Q. 旅先で注意しなければならない感染症などの疾病はありますか。

特にありません。ただ、毎年屋外に長時間出るハイカーなどの間で、低体温症になるケースが見られます。真夏でも沿岸部や山岳地帯、氷河の近くなどでは、10度を下回ります。寒い中、無理して撮影に集中していると発症する恐れがありますので、あたたかくしてください。

Q. インターネットは旅行中使用できますか。

こちらで設定・手配させていただいている宿泊先では、基本的に使用できます。移動中やツアー中は、使用できないものとお考えください。

1 / 212